変形性膝関節症は健康食品で改善|軟骨成分を積極的に摂取

膝関節に起こる病気とは

カップル

軟骨の減少が原因

変形性膝関節症は、中高年になると多くなる病気です。これは、老化により関節と関節をつなぐ軟骨がすり減り潰れてしまうことが原因で起こります。軟骨が潰れることにより、関節が直接ぶつかり合い動かす時に痛みが走るのです。変形性膝関節症の症状がひどくなると膝に水が溜まってしまい腫れ上がります。このような場合は、クリニックで水を抜いてもらい治療することが必要になってきます。変形性膝関節症は、関節を曲げたり伸ばしたりするときに痛みが伴い正座や歩行を困難にしてしまう病気です。日頃からの予防も大切で、そのためにグルコサミンのサプリメントを利用している人も多いのです。グルコサミンは、軟骨成分の一つで軟骨のすり減りを抑制し生成を促す働きをします。

軟骨成分を補おう

グルコサミンは、エビやカニなどの甲殻類のチキン質から抽出した天然成分です。これらを食べることでこの成分を摂ることができますが、毎日の必要量を補うには不十分です。そのため、グルコサミンのサプリメントが多くの人に利用されているのです。これは、タブレットやカプセルタイプのものがあり、商品にもよりますが1日6粒から10粒飲むだけで必要量を摂ることができます。また、携帯もできるのでいつでもどこでも飲むことができるので便利です。それに、ほかの有効成分も配合されている商品が多く、健康維持に効果を発揮します。グルコサミンのサプリメントは、変形性膝関節症に悩んでいる人やその予防のために多くの人に利用されて人気を得ています。

中高年の膝の痛み

悩む女性

中高年の膝の痛みは変形性膝関節症が多い。これは加齢により膝の軟骨がすり減り、そのため関節に負担がかかり痛みや炎症を起こすのである。進行性のため早期の治療が推奨される。治療は保存療法が基本であり、重度の場合は手術が行われることもある。治療と同時にグルコサミン等のサプリメントを利用する人が多い。

More Detail