変形性膝関節症は健康食品で改善|軟骨成分を積極的に摂取

足の健康を守ろう

骨

膝の関節の病気とは

変形性膝関節症は、年をとってくると発症しやすい病気です。膝関節のクッションの役割をはたす軟骨が削れていき潰れてしまうことで関節炎を起こします。その炎症のため歩くたびに痛みを感じます。また、年齢に関係なく発症する変形性膝関節症もあります。これは骨折や半月板損傷、痛風などのケガや病気などによって症状があらわれる場合があります。女性に多い病気で、肥満体質の人も膝に負担がかかりやすいのでこの病気にかかりやすくなります。炎症がひどくなると関節液がたまり膝が腫れて動かすと強い痛みを与えます。それは、日常生活を不自由にし正座や階段の上り下りも難しくなります。重症化すると、さらに歩行障害がひどくなり0脚になったりします。しかし、これはクリニックでの治療で改善することができます。

変形性膝関節症は、痛み止めの内服薬やヒアルロン酸注射などで治療します。ヒアルロン酸は、軟骨を修復し関節の痛みを軽減します。また、関節にたまった関節液を抜く治療も行われます。その治療と併用してサプリメントを飲むことも効果が期待できます。特に、グルコサミンを主とした成分を含むものが多く発売されています。膝関節の痛みをやわらげ軟骨を生成する働きがあります。グルコサミンは、クリニックの治療で使われるヒアルロン酸と同じ軟骨成分でその再生を促す働きがあるのです。また、このサプリメントを飲むことで変形性膝関節症の予防にもなり、多くの人が足の健康のために飲んでいます。サプリメントには、グルコサミンのほかにも有効成分が配合されており相乗効果で関節の健康を守ります。