変形性膝関節症は健康食品で改善|軟骨成分を積極的に摂取

膝の痛みを感じたなら

膝

軽度のうちに予防して

多くの人が悩んでいる変形性膝関節症ですが、症状が悪化すると歩くことすら困難になり、病院での手術や関節注射などの治療を施すことになります。しかしながら症状がまだ軽度の場合は、生活習慣などの工夫によって変形性膝関節症の症状を緩和し、それ以上の悪化を予防することも可能です。たとえば膝を深く曲げるような座り方や、長時間同じ姿勢を保つようなことは避けるようにして膝をいたわるようにしましょう。また膝にサポーターをしたり、温めたり冷やしたりすることも効果的です。そして運動療法も効果的で、ふとももや股関節を鍛えたり、柔軟性を高めるような軽度のエクササイズなどを実行すると良いでしょう。ただし運動のやりすぎはかえって膝に負担をかけることもあるので、正しい方法で実施するようにしてください。

病院以外の治療方法

変形性膝関節症の治療は病院で実施することが基本ですが、他にも自宅での筋力トレーニングによるセルフケアなども効果的ですし、ヒールが低くて歩きやすい靴をはいたり、杖や手すりなどのアイテムを使用するという方法もあります。さらには温泉へ旅行に出かけることで温泉療法を実施したり、東洋医学の整体の利用や西洋医学のカイロプラクティックを利用するといった方法もあります。他にも鍼灸院を利用したり、漢方薬やサプリメントを服用するといった方法もあります。もっとも変形性膝関節症は完全に完治することは基本的にありませんので、これ以上の症状の悪化を防ぎ、上手に付き合っていく必要があります。そのためにはこのような方法を実施するだけでなく、やはり症状が酷いようならば病院を受診し、医師の治療を受けるようにしましょう。