変形性膝関節症は健康食品で改善|軟骨成分を積極的に摂取

中高年の膝の痛み

悩む女性

50代を過ぎた頃から、膝の痛みを訴える人が増えてきます。中でも女性に多く、60代の約半数はこれに悩んでいると言われています。中高年の膝の痛みのほとんどは、変形性膝関節症と考えられます。変形性膝関節症は進行性の病気です。本来、膝関節の表面は弾力性に富んだ軟骨の覆われており、このおかげで衝撃を緩和して関節の動きを滑らかにしています。ところが、この軟骨が加齢などにより次第にすり減っていくことで関節に負担がかかり、炎症を起こしてしまうのです。そのため、痛みが起こったり曲げ伸ばしがしにくくなったり、さらに進行すると歩くことが困難になってしまいます。こうした進行を防ぎ、できるだけ関節の機能を維持させるためにも、病院への早めの受診が欠かせないとされます。

変形性膝関節症の治療には、保存療法と手術の2種類に分けられます。しかし、基本的には保存療法が主体です。保存療法は、リハビリや薬の投与、装具や電気を当てるなどがあり、病状によってこれらを組み合わせて行います。また、変形性膝関節症は関節に負荷がかかりやすい肥満気味な人が多いとされることから、治療と平行して運動などで体重を減らすことが推奨されています。なお、これらの治療でもあまり効果が見られない場合は手術を行います。以上が病院での治療ですが、多くの患者はこれらの治療とともに変形性膝関節症に効果があるとされるサプリメントを摂取していると言われています。中でも、すり減った軟骨の回復と炎症の緩和に効果的とされるグルコサミンとコンドロイチンの人気は高く、各メーカーから数多く販売されています。